ショートゴルフ場

ブログ

レッスンプロの紹介

名前 福澤 和善
(KAZUYOSHI FUKUZAWA)
所属 日本FOSゴルフスクール指導者協会(JFOS)
JFOSプロフェッショナル指導者 長野支部長
ゴルフ指導者育成講師
日本ゴルフ学会会員


ブログ一覧

第9回 バンカーショットの基本

カテゴリー:中級・上級編

2011.12.01

バンカーショットの基本

 

グリーンサイドバンカーでボールのライが通常な状態にあるときは、

エクスプロージョンショットをするのが基本です。

エクスプロージョンショットはボールを直接打つのではなく、サンドウェッジのクラブヘッドが砂の中でバウンスして起こる爆発力によってバンカーから脱出できるのです。

 

1、  スタンスを安定させるためと、ボールの下にクラブヘッドを通す為に両足をしっかりと砂にめり込ませます。   

          

2、  ボールを平地のときより2個分左にセットさせます。

 

     PC012589.JPG    PC012587.jpg           

 

3、  クラブヘッドプレーンがスタンスと平行になるようにスイングします。

 

4、バックスイングのリストコックを早め、ボールの手前10cm

  ぐらいからクラブヘッドのバンスを打ち込み、

  フォロースルーへと振りぬきます。            

 

     PC012601.jpgのサムネール画像     PC012621.jpg 

 

次回は傾斜地のショット4種類です。

第2回 ゴルフは体力の強化に役立つか

カテゴリー:知って得する編

2011.12.01

ゴルフは体力の強化に役立つか?

 

青年層の人にとっては、筋肉の強化やスタミナの強化には

 

運動量が十分ではありませんが、

 

高齢者や女性にとっては、十分に役立つ運動量といえます。

 

とくに長距離の歩行による足腰の運動や、

 

長時間の集中力継続は大きな効果が期待できます。

 

青年層の人にとっては、通常のラウンドだけでは運動量が不足しますので、

 

練習量を増やしたり補強運動を取り入れたりする必要があります。

 

 

 

 

 

  次回はストレス解消こそ最大の健康効果です。

 

第8回 サンドショット=バンカーショットの基本

カテゴリー:中級・上級編

2011.09.15

サンドショット=バンカーショットの基本

1、        ゴルフコースには、グリーンやフェアウェイの攻略を簡単にはさせないという     戦略的な意味や、ボールがひどいトラブル地域へ転がることを防ぐ救済のためにバンカーが配置されています。

2、        バンカーからのショットはバンカーショット、サンドショットなどと呼ばれていますがバンカーの深さ、砂質、傾斜、ボールの状態、目標までの距離などによって、使用するクラブやスイングの方法などが変化します。

3、        バンカーショットは、まず脱出することが第一で、次いで目標地点へいかに近づけるかです。バンカーショットに習熟すれば、バンカーを恐れずに積極的にゲーム展開ができるようにやります。

 

サンドウェッジの機能

サンドウェッジには56~60度の大きなロフトがあり、さらに、クラブヘットの底に"フランジ"と呼ばれるふくらみがあります。

このふくらみの反発力を利用してクラブヘッドを砂の中に打ち込んで、砂もろともボールをはじき出す(エクスプロージョンショット=爆発)という技術を使います。

 

   

P9152241.jpg 

次回はバンカーショットの基本

      (エクスプロージョンショット)からです。

第8回 基本スイング形成(B→A→C形成法)

カテゴリー:初級編

2011.09.15

基本スイング形成(B→A→C形成法)

 

 

B=ボディースイングをつくる

  上体のねじりあげ

  重心の移動

  中心軸の維持~前傾姿勢

 

P9152224.jpgのサムネール画像P9152225.jpgP9152227.jpgのサムネール画像 

 

 

 

 

A=アームスイングをつくる

  肘の動き

  手首の動き

  手に平の向き (前腕の返し)

 

    P9152228.jpgのサムネール画像       P9152229.jpg 

 

C=クラブスイングをつくる

  右腕でクラブを振る

  左腕でクラブを振る

  両腕でクラブを振る

 

 

 

P9152230.jpgP9152231.jpg   P9152232.jpg

 

 

B→A→Cの形成が出来たら 

  グリップをつくる(前回に説明したように)

                 

                                                                                                                                                                                                          

P9152233.jpg 

 

 

  素振りをつくる=往復"振り子"スイング

 

P9152234.jpg P9152235.jpg P9152236.jpg P9152237.jpg P9152238.jpg P9152239.jpg P9152240.jpg   

 

次回からはB=ボディースイングの説明です。

第1回 ゴルフと健康

カテゴリー:知って得する編

2011.09.15

ゴルフと健康

(何を目的にゴルフをしますか)という問いに対して答えでもっとも多いのは(健康のために)ですが、ゴルフが健康のためにどのように役立っているかは、完全に認識されているとはいえないでしょう。

(やせるために)という女性ゴルファーや肥満体の中年男性は、本当にダイエット効果を得ているでしょうか。

(健康のために)といいながら腰や手首の故障を起こしているプレーヤーは、ゴルフによってかえって健康を損なっているのではないでしょうか。

(ゴルフと健康)について考えて見ましょう。

1、      ゴルフでやせられるか?(ゴルフの消費カロリー)

♦各種スポーツの消費カロリー

マラソン

水泳1500自由形・・・・・・・・・・・2300キロカロリー

野球選手(1試合140分)・・・・・・・・430キロカロリー

サッカー(1試合75分)・・・・・・・・・330キロカロリー

硬式テニス(1試合53分)・・・・・・・・490キロカロリー

ゴルフ(1ラウンド240分)・・・・・・・500~1000キロカロリー

  上級者と初心者、又コースによって異なります。

♦ゴルフは1ラウンド約6~8km歩きます

1km歩くと消費は約50キロカロリーなので、8kmで400キロカロリー、プレーに費やす約100キロカロリーを加えて、合計500キロカロリーを約4時間

かかって消費します。成人の一日の消費カロリーは約2000キロカロリーですから、ゴルフは他のスポーツと比べて、消費は多いほうです。

♦体重1kg減には10ラウンド

体内に蓄積されている脂肪組織1gを燃焼させる為には約7キロカロリーの消費が必要です、ゴルフによる500~1000キロカロリーでは70g~140g程度しかやせられないのです。体重を1kg減らすには7~14ラウンドが必要です。

 

  結論として、ゴルフだけでは痩せられないといえるでしょう。

 

 

次回のゴルフと健康はゴルフは体力強化に役立つか?

第7回 ロブショット

カテゴリー:中級・上級編

2011.06.14

ロブショットは、フワリとした高いボールを舞い落とす球筋です。

 

  状況判断(ロブショットが効果的な場面)

①ホールまでの距離が短く、かつ障害があってボールを転がせないとき。

(30ヤード以下のとき効果的)

②ボールがラフの中にあって、ヘッドスピードの速いショットだと、

 フライヤー現象を起こしそうなとき。

③ボールが芝や草の上に乗っていて、サウンドウェッジの厚いソールが通り

 抜けるだけの空間があるとき。

④高い飛球を打ちたいが、グリーンの向こう側にトラブルがあるとき。

 

※ 使用するクラブ

高い飛球を打つためとクラブヘッドの重さを利用するため、サウンドウェッジが最適です。

 

  ロブショットの要領

   高い飛球を打ちたいので、ボールを左足かかとの前に置きます。

   ロブショットの場合は、目標に向かってスイングします。飛球は

  高く上がって舞い落ち、落下後はあまりランしないで止まります。

   スイングスピードが速くならないようにグリップをしっかりと握ります。

  右手首を甲側に出来るだけコックしておき、スイング中はそのコック

  角度を保ったままスイングします。

   クラブヘットスピードを加速させず、ゆっくりした等速状態でスローモーションスイングのように振りぬきます。

(30ヤード以内のショットでも10時~2時のスイングです)

 

 

P6141657.JPG P6141658.JPG P6141659.JPG

 

第7回 フィニッシュ(最終回)

カテゴリー:初級編

2011.06.14

第七回GOLF  LESSON(フィニッシュ)です。(最終回)

 

    ダウンスイングからインパクト&フォロースルーまでの全ての結果が

  フィニッシュと成って表現されます。

 

1、      体重は完全に左足かかと内側に乗り、右脚は左膝に付くくらい近づきます。

その時、右足は足裏を全て後ろに見せて、つま先を地面に立てること。

   腹部(顔)は目標に対して(正対)目標方向に送り出します。

2、 背骨は前傾角度が保たれたままに右肩が下がり、左肘は左肩とほぼ同じ

   高さか、下になります。

   グリップは左耳の横に位置し、左手首は甲側にやや折れる。

3、 シャフトは首後ろ付け根から肩越しに斜めに位置する。アドレス時の

   シャフトプレーンと平行に、右肘から右肩は正面で顔の下に位置する。

 

   

P6141661.JPG  P6141660.JPG

           

第1回から第7回までがスイングの基本です。

            基本を守って練習しましょう。

 

第6回 インパクト&フォロースルー

カテゴリー:初級編

2011.05.14

第六回GOLF  LESSON は (インパクト&フォロースルー)です。

 

1、      インパクトの瞬間は自分の目では見ることが出来ません。

スイングの一過程(途中)にインパクトはあると考えて、"合わせて打つ"と云うよりも"振り抜く"という感覚でスイングしましょう。

 

2、      頭はトップポジションのままで、目はボールを注視し、左足に体重が乗   

るようにします。                 

 

P4211553.JPG  

3、      左脚は左に流れ過ぎないよう固定し、体の左サイドが伸び上がらないように左ワキを締め、両腕をのばします。       

    (左脚、膝 / 前傾姿勢の角度を保持)

 

 

P4211554.JPG 

4、      インパクト後も前傾角度を保ったまま体の回転に合わせます、その時、

   左肩を止めないように腕やクラブをそのまま通過させて、インサイド

   に振り抜く気持ちでスイングしましょう。

 

P4211555.JPG      

 

5、      インパクトはアドレスの再現とは云うものの実際には回転している腰に

合わせて全てを正対させる為、その再現はやや目標方向にずれて存在することとなります。

第6回 ショートゲームズ Ⅳ

カテゴリー:中級・上級編

2011.05.14

ピッチショット

 

ピッチショットはボールを高く上げてバックスピンをきかせます。

 

  ボールを転がすことが出来ないバンカー越えのアプローチのような場合に、高い飛球でボールに強いバックスピンをかけ、グリーン上でボールをピタリと止めるショットを"ピッチショット"といいます。

  ピッチとは(ほうり投げる)の意。(ボールを高くほうり投げるような感じ)

  飛球を高く上げるためとバックスピンを強くかけるためにオープンフェイスにすることと、リストコックを利用するのがピッチショットの特徴です。

 

♦状況判断(ピッチショットが有効的な場面)

  ボールとホールの間に障害があって転がせないとき。

  ホールまで30ヤード以上の距離のとき。

  30ヤード以内の距離ではバックスピンは十分にかからない。

♦使用するクラブ

  ピッチショットにはAW/SWを使用します。

  ロフトが60度前後もある"アポローチウエッジ"というクラブもありますが、

  飛距離をコントロールするにはかなり高い技術力が必要です。

  AW/SWでも、オープンフェイスの度合いが大きくなるほど飛距離のコントロールがむずかしくなります。

♦ピッチショットの要領

  (手順)

1、ボールをスタンス中央に置いてスクェアに構えます。

  2、次に手の中でクラブシャフトを回してオープンフェイスにします。

  3、クラブフェイスが目標と直角になるまでオープンスタンスにします。

  4、スタンスの線に沿ってスイングします。

・バックスイングでは早めにかつ十分に手首をコックします。

 インパクト周辺は速いスピードで振り抜き、フォローでも早めに手首をたたみます。

  ボールにバックスピンが強くかかり、落下後に転がりが少なく、スイングスピードが速いとボールが逆戻りします。

 

 

P4211556.JPG  P4211557.JPG  P4211558.JPG   

第5回 ショートゲームズ Ⅲ

カテゴリー:中級・上級編

2011.04.14

チップショット・・・・ボールを抑えこんで打つショットです。

 

  チップショットは、ボールを上から抑えこむようにしてボールをダウンブローで打ちます。

  インパクト後のフォロースルーは小さく、ピッチエンドランよりバックスピンが強くかかります。

♦チップとは〔削る〕の意味。(ボールを打ったあと地面を削り取るからです)

状況判断(チップショットが有効的な場面)

1、      ボールが芝の上に浮いていない状態のときは特に有効です。

♦芝がうすい、ベアグラウンド、ディポット跡・・・など

2、      ボールとホールの間に障害がなく、ホールまで15~30ヤードの距離のとき。

♦30ヤード以上の距離ではピッチエンドランやピッチショットのほうが

 効果的です。

チップショットの要領

1、      ボールを右足の前に置き、オープンスタンスにします。

2、      スタンスの幅をやや狭くし、左足に体重をかけ、

   グリップエンドは左腰骨内側を指します。(自然とハンドファーストに)

3、      ボールを右に寄せたのでインパクトはダウンブローになり、インパクトの

あと地面を削ることになります。

その抵抗のため、バックスイングが7時でも8時でも

フィニッシュは5時で止まります。

 

 

P4140120.JPG         P4140121.JPG