リバーフロント方式とは?

トップページ » リバーフロント方式

リバーフロント方式 -コア(廃棄芝)を再利用し安価に芝生化。豊富な経験で培った管理技術でサポート致します-

リバーフロント方式とは

リバーフロントの芝生から排出される「コア(廃棄芝)」を再利用します。

コア(廃棄芝)

 弊社が20年に亘り管理を担当し高い技術評価を得ている千曲川リハーフロントスボーツガーデン(AC長野パルセイロも練習場として使用)の広大な芝生を育成する中で排出されるコア(廃棄芝)を再利用し、安価に芝生化できる方法です。
 芝生化が更に広まれば、園庭・校庭から多くのコアが排出されるようになり、そのコアをリサイクルして循環型の芝生化が進みます。子どもたちも大人たちと共に造成や日常管理作業に積極的に参加し、芝生をつくリ上げます。
 そのような芝生化を私たちは「リバーフロント方式(長野方式)」と呼んでいます。

芝生化のご提案

お客様それぞれに最適な方法をご提案します。

風間保育園の芝生芝生

 芝生化には様々な方法がありますが、弊社は豊冨な経験によって培った高い芝生管理技術を活かして、基盤整備、維持管理の手法、ランニングコストなどそれぞれの学校、園の状況に適した芝生化の方法をご提案します。

 写真は、芝生化した風間保育園の園庭です。

このページのトップへ