芝生化

トップページ » 管理コスト・助成金

管理コスト・助成金 -気になる年間の管理コストは? 助成金制度による補助もあります。-

管理コスト

子どもたちと未来のための「投資」

芝生のメンテナンス

 校庭を芝生化する上で、やはり気になるのが施工後の毎年の管理コストではないでしょうか。コスト低減化を進めることが校庭芝生を広く普及するためには必要だとも言われます。
 しかし、子どもへの贈り物、子どもの将来のためと考えれば、ある程度のコストが掛かってしまうのは仕方がないと私たちは考えます。将来を考えず、安易にコスト性を追求して芝生管理を省力化した場合、芝生に重大なダメージを与え、逆にハイコストになる可能性もあります。多少コストが掛かっても必要な部分には投資する。こういった姿勢こそが、最終的に効率的な芝生管理に繋がると私たちは考えます。

管理コストの例

リバーフロント方式による年間コストの例

 コストを切り詰めると品質の低下を招きます。地域、学校、生徒、行政が一体となって無理なく校庭の芝生を管理するためには、おおよそ以下の費用が必要となります。

グラウンド面積1,000m²の場合

  当社施工 参加型
初年度造成 施工 施工料
技術料
すべて
約40万円 穴あけ
材料費
指導料
約15万円
初期養生 散水
刈り込み
施肥
約70万円 水道代
ガソリン代
肥料代
約12万円
次年度以降 年間維持管理 散水
刈り込み
施肥
更新作業
目砂
約120万円 水道代
ガソリン代
肥料代
砂代
委託料
約25万円

 芝生は生き物です。地域、天候、気候、管理の方法、管理機械の種類など様々な条件により常に変化します。 金額はあくまでも目安としてご活用ください。
※1.金額はすべて税抜きです。
※2.管理機械類の取得費用は含まれていません。

このページのトップへ

助成金制度について

助成金制度について

芝生ことで子供たち心を豊かにします。

 文部科学省はサッカーくじ(toto)の収益によるスポーツ助成制度を確立し、全国の小中高など公立学校のグラウンドを芝生にする事業を実施しています。
 助成対象は小中高だけでなく、公立の幼稚園や特別支援学校も含まれます。助成率は未定ですが、2002年度から全国約40ケ所で行ってきた、校庭以外の公設運動施設では費用の4分の3となっています。
 また、これとは別に文科省が校庭芝生化費用の3分の1を補助する制度などもあります。


スポーツ振興くじ助成

 スポーツ振興くじの販売により得られる資金をもとに、地方公共団体及びスポーツ団体が行うスポーツの振興を目的とする事業としてグラウンドの芝生化は助成対象事業とされています。

助成金の限度

  • 天然芝生化新設事業

    工事費6,000万円を限度(助成限度額4800万円助成対象金額の4/5)

  • 天然芝生化改設作業

    工事費3,000万円を限度(助成限度額2250万円助成対象金額の3/4)

お問い合わせ先 独立行政法人日本スポーツ振興センター スポーツ振興事業部助成課
TEL.03(5410)9180



文部科学省屋外環境整備事業

 子どもたちの最も身近にある学校の屋外空間を様々な体験活動の場として活用し、たくましく心豊かな子ともたちを育成するため、屋外環境を整備する事業に対し国庫補助を行っています。

交付金の趣旨

 公立の義務教育諸学校等施設は、児童生徒等が一日の大半を過ごす学習・生活の場であるとともに、地域住民にとっては、災害発生時の応急的な避難場所でもあります。
このような施設の役割を果たすため、地方公共団体が義務教育諸学校等施設の整備をするに当たり、その実施に要する経費の一部を、国が交付金として地方公共団体へ交付するものです。

補助率 1/3
対象学校 公立の小学校、中学校、高等学校、中等教育学校、盲・ろう・養護学校、幼稚園
交付対象者 地方公共団体
補助時限 平成21年度まで(継続の可能性あリ)
補助対象工事費 1校あたリ工事費が1,000万円から6,000万円を限度(補助限度額2,000万)
お問い合わせ先 文部科学省 文教施設企画部 施設助成課
TEL.03(5253)4111
このページのトップへ